CityScape

自作の小説とか雑文とか

雑文

iPhoneバッテリー減る

こないだアプデして以来、iPhoneのバッテリーの減りが早くなった。 調べたら、COCOAの接触確認がバックグラウンドで作動してるせいらしい。もう、どうしたらいいんだろう。

週間なんでもレビュー vol.16

仮面ライダーリバイス 19話 前回のラストで、変身を禁じられたヒロミ。ボロボロの体となった彼は、かつての同期にして部下であるタツヒコと険悪になる。そんなヒロミを、同じく同期である千草は気遣う。そのこともあってか、彼女は一輝と大二にこれ以上無理…

週間なんでもレビュー vol.15

仮面ライダーリバイス 18話 録画で視聴。今回は「友情」という言葉を軸に一輝とバイス、陽介とフリオの対比がうまく描かれていた。 ボルケーノバイスタンプをうまく制御できずに大怪我を負い、弱気になる一輝を励ますバイス。立ち直り、初めてバイスを相棒と…

今日は家族で出かける予定だった。 だが朝起きると窓の外は猛吹雪。 一度は止んだものの、数分もしないうちにまた降ってきた。 これを書いている時点では、外に出れないほどの猛吹雪。 うちの家族の中に雨男雨女ならぬ雪男雪女がいるのか? 雪国の民に生まれ…

寒そう

私の職場は、地元でも栄えたところにある。そのせいもあってか、よく流行りのファッションに身を包んだ人たちをよく見かける。 最近は短いスカートにロングブーツを合わせるのが流行っているのか、寒い中、太ももを露わにしてる人が多い。それを見るたび、私…

週間なんでもレビュー vol.14

仮面ライダーリバイス 17話 新年一発目。今回はデッドマンズ幹部の一人であるフリオの過去が明らかになった。高校時代の彼はいわゆる陰キャというやつで、友達は一人しかいなかった。しかし、その親友に裏切られ(実際はクラスの不良グループの命令だった)、…

あけましておめでとうございます

明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願いします。 昨年後半に、自分の作品を両親に見せたことを機に、自分がどれだけ身の程知らずかをわからされた私ですが、今年はこのサイトでの活動を中心にたくさん書いて、たくさん読んで、たくさん精進し…

紅白に出ない私の推したち

特別お題「わたしの推し」 子供の頃、私はBUMPやRADのようないわゆるロキノン系が好きだった。 でも今は、紅白に出れないバンドを聞くようになった。 DIRENGREY www.youtube.com sukekiyo www.youtube.com deviloof www.youtube.com DEXCORE www.youtube.com…

週間なんでもレビュー vol.13

仮面ライダーリバイス 16話 前回でデッドマンズが壊滅したかと思ったら、今度はお母さんがカメレオン・デッドマンに狙われる。しかし、ヒロミさんの先手必勝でなんとか未遂に終わる。 母親の前で変身し、戦う五十嵐三兄妹の姿が頼もしく見えた。三人の演者が…

刻/渇き/Petit Brabancon

ついに来ました。ちなみにSpotifyとYouTube music。 1.刻-koku- 極悪なサウンドと京さんの咆哮から始まる曲。withering to death.(2005)やTHE MARROW OF A BORN(2007)あたりな感じ。まさに狂犬!父曰く、50歳を過ぎると声があまり出なくなるというが、これを…

あなたみたいなおっさんがいるか

今日はDIRENGREYのギター Dieさんの誕生日! 名称は変わりましたが、慣れ親しみのある会場「USEN STUDIO COAST」での爆音上映会の初日にShinyaさんと共にお邪魔させていただきました。来てくれたみんなありがとうございました。目黒鹿鳴館GIGは今週末より地…

ニューロマンサー

ニューロマンサー (ハヤカワ文庫SF)著者 : 黒丸尚早川書房発売日 : 1986-07-01ブクログでレビューを見る» 久々に再読。千葉のスラム街、未来のハイテク技術、サイバースペース。現実なのか仮想なのか、ふわふわしたところもあるけど、読んでて楽しかった。 …

週間なんでもレビュー vol.12

仮面ライダーリバイス 15話 前回、ギフスタンプをデッドマンズに引き渡してしまった狩崎博士。しかし、彼はこっそりGPSをそれに仕込み、デッドマンズのアジトを見つけていた。一方一輝たちは、アジトのセキュリティを突破するべく、カゲロウを呼び出そうとす…

二次元になっちゃいました

div class="booklog_html">押絵と旅する男著者 : 江戸川乱歩発売日 : 2016-02-25ブクログでレビューを見る»切ない恋の末に、絵の住人になった男。果たして幸せなのか。 今で言えば、アニメのヒロインに恋をしたあまり、アニメの中に入っちゃったということだ…

可愛い女の子に応援されたい

cheerpro.jp こういうの、好き。スマホに向かって愛を囁いたり、バーチャルキャラを自分の配偶者だと言い張ったりすることが、気持ち悪いだとか、かわいそうだと言われたりしない社会が来てほしい。

プチブラ

www.youtube.com きましたあああああ! 思ったよりもゴリゴリ系! なぜ本当の世界を、本当の自分を知りたくもないのか。 全ては12月24日に明かされる! 鬼神のごとき形相で歌う京さんがカッコ良すぎる。 楽しみだああああああ!

週間なんでもレビュー vol.11

仮面ライダーリバイス 14話 前回登場したカメレオンデッドマン。 その正体は…… フェニックスの若林長官……いや、正確にはそれになりかわったカメレオンデッドマン本人だった。 今回はさくらちゃんが大活躍した回だった。学校に攻めてきた灰谷(若干変態の気が…

かわいいは正義

www.youtube.com ciao.shogakukan.co.jp 子供の頃、「少女少年」という小学生の男の子が女装して芸能界で活動する漫画が好きだった。 そのせいか、いつの間にかシンヤさんのような中性的で綺麗な人−というか男の娘がタイプになってしまった。 シンヤさんかわ…

スカイ・クロラ

スカイ・クロラ著者 : 森博嗣中央公論新社発売日 : 2001-06-01ブクログでレビューを見る» 数年ぶりに再読。情熱もない、人情もない、ただ淡々とした物語。思春期で成長を止め、永遠を生きるキルドレたち。そんな彼らは地上よりも空に希望を求めた。悲しみも…

ラルクアングレイ

natalie.mu ラルクアングレイ。 L'Arc〜en〜CielとGLAYじゃないよ。 L'Arc〜en〜CielとDIRENGREYですよ。 ラルクのユキヒロさんとDIRの京さん。 そしてムックのミヤさんとノベンバの高松さん。 まさかの豪華共演。アラフィフになってもなお、アグレッシブな…

週間なんでもレビュー vol.10

仮面ライダーリバイス 13話 今回は休暇中のフェニックスにデッドマンズが襲来。一輝とヒロミさんが狩崎さんにドライバーを取られて変身できない中、大二とさくらが戦うことに。しかし、フリオとオルテカに苦戦した末にカゲロウが再び現れ、ピンチに陥る。 今…

ついに完成?

ついさっき、地元新聞に出す用の小説のブラッシュアップが終わった。近いうちに一回印刷して周りに見せて、OKもらったら出す予定。

HEAT!

今週のお題「あったか~い」 www.youtube.com あったか〜いはあったか〜いでも、今回は「熱い」の話である。ウォームよりヒートだ! 先日行われた二年ぶりの有観客ツアー。その映像が少しだけyoutubeで公開された。声は出していけないため、観客の声はないが…

繊細すぎるのかな

昨日、父が37度の微熱を出し、仕事を休んだ。 一時はコロナではないかと思い、身構えたが、結局その後は熱は37~36.8度を行き来した後、平熱に戻った。 母の見たてでは、季節の変わり目故の体調不良だろうということだった。 その様子を見て私は、5年前の沖…

週間なんでもレビュー vol.9

仮面ライダーリバイス 諸事情により、見れませんでした。今回はさくらが変身!彼女の悪魔であるラブコフちゃんは妖精みたいで可愛いですね。来週はいよいよ年末に向けて、フェニックスvsデッドマンズの戦いがさらに激しくなりそうです。さて、今年のクリスマ…

ネット断ち

最近、読書や執筆をする前についついパソコンでネトサ(youyubeやツイッター)をしてしまい、疎かになってしまっている。なので、自分のパソコンに手軽にネトサできないよう、ツールバーからアドレスバーを消した。これで快適。

週間なんでもレビュー vol.8

仮面ライダーリバイス 11話 前回で大二がライブに覚醒し、目的の一つであった10個のバイスタンプを取り戻した一輝たち。これでしばらくは平和かなと思われていた。しかし、その裏でさくらにデッドマンズの魔の手が忍び寄っていた。強さとは何かと悩むさくら…

レトロ

www.youtube.com 昭和感あふれるサウンド。現役のアイドルが歌っても違和感がない感じ。くねくね踊っている京さんが可愛くも色っぽい。

職人であれ

昨日、「アドバイスを受けると自分の中の二歳児が暴れ出す」と書いたが、あれ以来、私は何が嫌で暴れているのだろうと考えた。その末に、私はある考えに至った。 それは、 「小説家=表現者」という考え方をするから辛いということだった。 表現者は、自分の…

大人のイヤイヤ期?

最近、家族とか近しい人たちに、小説について色々アドバイス(本をもっといっぱい読んで吸収しろ、面白かったトリックをパクってみろ)されると、 「いやだいやだ!そんなことしたくないー!」 と、私の中の二歳児が暴れ出す。 もっと上手くなってほしい、向…